データ復旧ツール ハードディスク復旧ツール フラッシュメモリ復旧ツール PC-3000 JAPAN

日本総代理店
株式会社くまなんピーシーネット

ACE Laboratoryロゴ
ナビダイヤル0570-020-907
お申し込みはこちら

SATA / PATA HDD Data Recovery


PC-3000
UDMA System

PC-3000 UDMA Systemは、
あらゆるSATA、PATA
ハードディスクの
診断と修復および
データリカバリを行う
ハードウェアシステムです。

PC-3000 UDMAを利用して、以下のハードディスク障害から
データリカバリが行えます。

サービスエリアの障害

  • BIOSで認識しない
  • モデル名、容量が異常
  • モジュール損傷
  • トラック損傷
  • トランスレータ損傷

ヘッド、プラッタの障害

  • 異音、ノッキング
  • 一部のヘッド損傷
  • 多数のスクラッチ

電気的な障害

  • スピンドルモーターが回転しない
  • PCBの破損、発煙、焦げ
  • PCBの互換性
  • プロセッサ情報消失
  • ファームウェア障害

その他

  • HDDパスワード
  • S.M.A.R.T.オーバーフロー
  • スクリーニング、その他
本製品は、以下のHDDメーカーに対応しています。
Fujitsu、HGST、HITACHI、IBM、Maxtor、Quantum、SAMSUNG、Seagate、TOSHIBA、WesternDigital
  • インターフェイス:SATA、PATA
  • 容量:500 MBから6 TBまで
  • 外形:3.5インチ 、2.5インチ、1.8インチ、1.0インチ、コンパクトフラッシュインターフェース

Data Extractor UDMA は、PC-3000 UDMA と連携して機能するSATA、PATAハードディスク対応のデータリカバリ専用ソフトウェアです。

  • FAT、NTFS、EXT2、EXT3、EXT4、HFS+、UFS1、UFS2、ReiserFS、XFS、VMFSファイルシステムに対応しています。
  • VMDK (VMWare)、VHDイメージに対応しています。
  • PC-3000 UDMAに接続した障害HDDから、正常HDDまたはイメージファイルに部分コピー、完全コピーできます。
  • ダイナミックトランスレータが損傷したHDDのデータリカバリが行えます。
  • ヘッドマップ機能で、損傷したヘッドやプラッタだけを除外してHDDからデータを読み取ることができます。
  • PC-3000 UDMAのテクノロジカルモードで物理障害のHDDの修復が行えます。
  • HDDを物理パラメータ(PCHS)で読み取る機能を備え、LBAアクセスできないHDDからのデータ読み取りが可能です。
  • Unicodeに対応しています。

Data Extractor UDMA は、このような問題を解決します。

論理障害のデータリカバリ

  • パーティション情報(MBR、GPT、APSなど)の損傷
  • ファイルシステムメタデータ(FAT、MFT、inodeなど)の損傷
  • パーティション、フォルダやファイルの削除
  • フォーマットによって生じたデータやメタデータの損傷
  • ウィルスによる損傷
  • 論理障害の解決においては、以下の専用機能があります。
    • エクスプローラ
    • オブジェクトマップ
    • クイックディスク解析
    • パーティション解析
    • RAWリカバリ
    • メタデータの確認
    • 各種マップの構築

デジタル・フォレンジック

  • MD5、SHA1ハッシュのチェックサム機能
  • リストおよびファイルのエクスポート機能
  • HDDアンロック機能
  • Max LBAの変更、工場出荷時値リセット機能
  • 読み取り専用モードでのHDDマウント機能
  • 原本から一度に数台複製することができます。

物理障害のデータリカバリ

  • サーフェイスの損傷またはヘッド機能低下による不良セクタ
  • ヘッド機能低下またはサーボラベルの破損によるノッキング
  • サービスエリア情報の破損、BIOSで認識しないHDD
  • LBA-PCHSトランスレーションシステムが破損したHDD
  • ヘッド移植など開封後の読み取りが不安定なHDD
  • ホットスワップ後のデータリカバリ
  • 物理障害の解決においては、以下の拡張機能があります。
    • 読み取り方向の選択(Forward、Back)
    • 使用/未使用セクタ読み取り
    • 電源コントロール
    • 転送モードの選択(UDMA、PIO)
    • ECC無効読み取り
    • テクノロジカルモード
    • ハードウェアリトライ、ソフトウェアリトライ
    • ハードウェアリセット、ソフトウェアリセット
    • ヘッドの先読みの停止
    • 自動リロケーションの停止
    • ヘッドマップ

PC-3000 UDMA Systemとは単なるツールではなく、
むしろテクノロジーです。

PC-3000 UDMA Systemを使用すると、一般的な設備環境のデータリカバリ会社でも、物理障害ドライブ上のユーザーデータにアクセスが可能です。この技術は、スモールビジネスのために開発されているので、クリーンルーム、サーボライター、その他高価な設備を使用する必要がありません。

PC-3000 UDMA Systemは、データリカバリ・HDD修復市場における18年間の製品開発経験を結実させた、弊社の新製品であり、今日において世界のリーダーとして認められている障害HDDをリカバリ前に診断・修復する、プロフェッショナル用ハードウェア・ソフトウェアシステムです。その対応HDDモデル数は、初期のモデルから最新モデルまで世界最大で、他製品が対応していない希少モデルのデータリカバリも可能です。

  • 80〜85%のHDDの障害を解決することができます。
  • HDDは初期のモデルから最新モデルまで対応、HDDのモデル数は世界最多で希少モデルの処理も可能です。
  • UDMAモードの処理速度で動作しHDDとのデータ転送はPIO、UDMA33、およびUDMA66モードで行なわれます。
  • ユーザビリティーなインターフェースを備えています。
  • ユーザーマニュアルにはHDD修復およびデータリカバリに関する詳細手順が記載されています。
  • HDD接続に必要なアダプターが全て付属しています。
  • その他、役立つ機能が豊富にあります。

「MR-Head Shift Technology」搭載

複数で構成されるヘッドが一つでも損傷した場合、ハードディスクは異音を発しレディ状態に達せず認識しないかトランスレータを不正に生成するため、ユーザーデータを読み込むことができません。

「MR-Head Shift Technology」機能を利用すると、ドライブRAMで損傷したヘッドを正常なヘッドとして仮想的に置き換えることができます。これによりハードディスクはヘッドが良好だと判断し、正常にユーザーデータを読み込むことができるようになります。

またこの機能を用いることでドナー手配が容易になり、ヘッド数が異なるハードディスクでもドナーとして使用することができるようになります。

操作の基本原則

同時に、2つのHDDを
処理することができます。

デュアルポートテスターボード

PC-3000 UDMA専用テスターボードを介してHDDを処理します。

  • 専用ボードには、リストアを行うHDDを接続するハイパフォーマンスな診断用ポートが、独立して2ポートあります。
  • ボードのPCIインターフェイスがコンピューターとボードの高速データ転送を実現します。
  • 過負荷回避機能付き電源供給アダプタが、独立して2チャンネルあります。

ユニバーサルユーティリティと専門ユーティリティ

本製品のソフトウェアは、広範囲な診断機能とHDD問題解決手法を提供する、ユニバーサルユーティリティと専用ユーティリティで構成されています。

ユニバーサルユーティリティ

迅速な診断を行って問題の根源と、修復のための根本的な解決策を明らかにします。ユーティリティは、3.5インチ、2.5インチ、1.8インチのSATA、またはPATAハードディスク、コンパクトフラッシュインターフェイス付1.0インチハードディスクに対応しています。

専門ユーティリティ

HDD処理のための専用のファクトリモードで診断とリカバリが行えます。ファクトリモードは、全ドライブ共通ではなく、ドライブファミリごとに異なります。本製品がファクトリモードユーティリティをドライブファミリごとに準備しているのは、そうした理由からです。これらの専用ユーティリティを使用すると、機能低下HDDの診断を厳密に行い、その機能をリストアすることができます。HDDがリストアできない場合は、ユーティリティを使用してユーザーデータへアクセスすることができます。

データベース

本製品は、ファクトリーファームウェアの大規模データベースを実装しています。データベースには、FLASH ROMs、サービスエリア、モジュール、トラック、およびその他のHDDに関する重要なリソースが格納されています。データベースは、インストールCD上で提供しています。

ACE Laboratory のデータベースから、必要なリソースをダウンロードすることができます。データベースは、ファミリィ、モデル、およびファームウェアバージョンでグループ分けされています。 ユーザーが所有する最新HDDモデルから得た新しいオブジェクトを、ユーザーのリソースに追加することができます。全ユーザーは、お互いに所有するリソースを交換することができます。

定期的なアップデート

年に3〜4回の頻度で、弊社は主要なアップデートをリリースしています。弊社では、最も普及している、新しいHDDを数多くPC-3000 UDMA プロフェッショナルシステムに追加しています。

データリカバリ案件は多様です。解決困難な案件がある場合、テクニカルサポートをご利用ください。24時間体制の電話窓口による緊急問い合わせ、定期アップデートプログラムのダウンロード、データリカバリプロフェッショナルと情報交換ができる弊社フォーラムへのアクセス、弊社の膨大なファームウェアデータベースへのアクセス、知識とスキルの向上が可能なビデオ教材なども含め、技術力のある弊社のエンジニアがさまざまな支援をご提供いたします。

上級ユーザーのための詳細モード

上級ユーザーのための、2つの詳細モード(スクリプトシステム、およびATAコマンダー)があります。

スクリプトシステム

HDDへのコマンド発行に用いられるアルゴリズムをVisual Basic Scriptで作成することができます(データ準備および結果解釈を含む)。HDDへのアクセスにアドバンスドオブジェクトモデルが用いられます。このオブジェクトモデルはPC-3000ユーティリティで使用されます。アルゴリズムは、どのPC-3000ユーティリティにもユーザーモードで追加することができます。

ATAコマンダー

インタラクティブモードで、プログラミングスキルを持たないユーザーでもHDDへのコマンド発行が可能です(テクノロジカルコマンドを含む)。HDDレジスタの値を設定し(LBA 48モード用のレジスタを含む)、バイナリテキストエディタを使用してHDDデータコマンドを準備することができます。準備したHDDコマンドシーケンスは、後で使用するために、または他のPC-3000ユーザーへの送信するために、ファイルに保存することができます。

ATAコマンダーはHDDデータコマンドから、スクリプトシステムまたはユーザーモードで使用できるスクリプトテキストを生成することができます。

PC-3000 UDMA System 対応HDDモデル一覧 PC-3000 UDMA System キットの紹介 PC-3000 UDMA System 適用事例
資料請求
セミナーの様子
セミナー情報

PC-3000シリーズを利用した これまでにない新しいビジネスチャンス例を特別にご紹介します。

取扱代理店
取扱い代理店

PC-3000 JAPAN 正規取扱い代理店についてご紹介します。

正規品の証
正規品の証

製品をお買い求めの際は、このマークをご確認ください。

PAGE TOP